スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解体ガレージ

バイトの休憩中に、お財布がからっぼだと気付き、
ATMでおろすことにした。
たまたま目についたマックに、なぜかUFJのATM があったので、
ついでにお昼も買っていこう、と思い立ち寄った。
操作パネルに見慣れない「 学生モード」というボタンがあったので押してみると、
馬鹿丁寧な音声ガイダンスが入り、やたらと時間がかかる。
その上、私の入力した暗証番号まで読み上げる始末。
なんなんだどういうつもりだセキュリティという概念は無いのか!?
と焦っていると、全ての操作が終了した時点で
「このような手順でお金を引き出すことができます☆」
と言って初期画面に戻ってしまった。
どうも、学生モードは練習用らしい。

貴重な休憩時間を10分近くロスし、
暗証番号読み上げられた挙げ句、
お金引き出せなかった私の苛立ちたるや…

もう知らないボタンは押さないに限る!
と心に決めて、再度ATM の操作を始めた。

やっとのことでお金をおろし、いざお昼、と思ったら、
休憩時間が残りあと10分足らず。
げんなりしつつ外に出ると、
あれ?ここ、どこ…?
見慣れぬ風景に変わっている。

そういえば、二度目のATM操作を始めた時に、なんだか店全体がガタガタ言いだして、
動いてるような振動があったのだが、
これ以上時間とられるのはまっぴらだ、と無視していたのだ。
こんなことになっていたとは!!!

冷静に考えて、そんな短時間で遠くまで行くわけないんだ、
きっと回転したくらいでぐるりと店を回り込めば
知っている建物があるだろう、
と歩き出したものの、一向に見慣れたものに出会わない。
こ…こういうときのGoogleマップでしょ!
検索してみたが、やはりどこにいるのかわからない。

休憩時間が終わっちゃう…!と走り出して、角を曲がった瞬間、目に飛び込んできたのは巨大な空間、
木造のコテージのような建物が2棟、ガラスと木を組み合わせた近代的な装飾、
地図によると「解体ガレージ」という場所らしい。
名前から感じるうらぶれた雰囲気はなく、解体といいつつも生産的なエネルギーを感じる。

なんだろう、この私の知らない新しい世界の予感は…
どのみちバイトには間に合わないんだから、ばっくれて此処に入り込んでみたい…


ゲートに付けられたインターフォンに、恐る恐る手をかけるのであった。



結局、知らないボタンの誘惑には勝てない、という夢。
スポンサーサイト

銀の龍の…

ではなく、
どちらかというと
「坊や~良い子だねんねしな~」な感じの龍の背に乗って
大空を飛び回りながら
スニーカーの裏の滑り止めの
ボコボコに詰まった土を
爪楊枝でほじくる

夢を見ました


壮大なのかちまいのか、どっちなんだ!

プロフィール

hanako umemoto

Author:hanako umemoto
シンガーソングライター梅本華子が徒然なるままに綴るゆめうつつ

最新トラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。