スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

角膜

お友だちの家にディナーに招かれて、集まった
その家は、リビングの真ん中に噴水のような手洗い場があって
その排水が部屋のなかを川のように流れ
キッチンの排水と合流し
外に流れていく、という、まあ
お洒落と言えばお洒落なのかもしれないがある意味衛生的ではない構造をしていた
招かれたみんなが、一斉に手を洗うと、
その泡であっという間に細い排水溝はつかえて溢れてしまった
私たちは慌てて泡を拭いたり水を流したりしたのだが、
なぜかその時私は眼鏡を装着していた

作業が終わり、眼鏡を外すと、片方のレンズの内側に何か丸くて半透明のお椀型のものがくっついている
そしてそれはよく見ると大きい物の上に小さい物が重なってついているようだった
私はとっさに、コンタクトレンズが取れてしまったんだと思い、
じゃあ一緒にくっついているのはもしや角膜?!と慌てた
するとそれに気付いた友達がなにそれ?と眼鏡からそれを取り外し、しげしげと観察し始めた
と、思ったら、それをがぶりと食いちぎってしまった
私は、もし角膜が外れたのだとしても昨今の医療技術ならオペで戻したりできるのだろう、と踏んでいたので
頭が真っ白になり、友達を問い詰めた
彼女は、だってこれグミだよ?と言った
触ってみると確かにグミのような触感、さらに、これが目に入ったら眼球飛び出るよな、くらいの分厚さがあった
そう言えば、両目ともちゃんと問題なく見えているし
なんだ、角膜じゃなかった、一安心



とゆう夢。
どうでもいいけど、ひとの眼鏡にくっついてた怪しいものを、
グミだと解ったところで食べたりしないだろ
スポンサーサイト

プロフィール

hanako umemoto

Author:hanako umemoto
シンガーソングライター梅本華子が徒然なるままに綴るゆめうつつ

最新トラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。