スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷子

自由が丘で迷子になった
住宅街の路地しかないようなところ
夕暮れ
あちらこちらで踏切りの音が鳴っている
地図検索
「このあたりは迷いやすいので一度大きな通りまで戻った方が良い」
というネットのアドバイス
「夜は変質者も出やすいので明るいとこを通るべし」
「何かあったらコンビニなどに駆け込むべし」
とも
私と同じように迷ったのか、ショートパンツの若い女の子が引き返していく
(時間かかるけど、私も引き返すか)

スマホで見ていた地図がフリーズして表示できなくなる

(とりあえず、来た道をひたすら戻ろう)

途中、捌きかけの伊勢エビを生身でもってピーヒャラしてる男性とすれ違う
(変質者も出やすいってほんとなんだ…)
自然と早歩きになる

(ええと、確かこの線路に沿って歩いてきたから、ここ戻れば知ってる通りに出るはず!)

向こうから人の良さそうな女性が1人
「すみません、駅に行く道ってここであってますか?」
すると、「この道ずっと真っ直ぐで駅に着くわよ」と親切に案内してくれた
ありがたや

言われた通り行くとまさかの突き当たり
(あれれ~おかしいよ~?お姉さん真っ直ぐって言ってたよ~?)
仕方がない困ったときのGoogle map
どうやらもう一本向こうの道が<駅まで真っ直ぐ>の道らしい
やれやれまたさっきのとこまで引き返すか、と振り向いた瞬間、

居たのだ



伊勢エビ男が





パニック!!!!
しかもよく見るとイ○パルスの板倉だ
伊勢エビ(ロブスター?)を口に当ててニヤニヤ上目遣いで見てくる

引き返すには奴とすれ違わなければいけない
この狭い路地で?!
と、と、と、とりあえず携帯取りだし(さっきまでスマホだったのになぜかガラケー)
110を押しながらすれ違いを試みるも
どうやら立ちふさがっていらっしゃる
どうやら向かってきていらっしゃる

嘘、襲われる?!
あの伊勢エビを無理矢理食べさせられたりしちゃう?!
加熱調理されてるかもわからない、
いつから持ち歩いてるかもわからない、
あの生臭い赤い節足動物を食べさせられるなんて
考えただけで蕁麻疹出ちゃう!

「なにか?私になにか用?」
「…」
「あなたインパ○スの板倉さんでしょ!」
「…(ニヤニヤ)」
「この電話、お巡りさんに繋がってるんだからね!何かしたら捕まるわよ!」
「…(ニヤニヤ)」

ええーもう、え、なにこの気持ち悪さ
板倉さんてちょっとアブナイ感じはするけど
こんな奇行に出るほどとは思ってなかったわー
大喜利おもしろいのに残念すぎるわー

でもなんとなく、タックルかましてそのすきに逃げられそうじゃない?という謎の自信が湧いてくる
ならば気付かれないようにもう少し距離をつめて…

……
…………
今だ!

思いっきりダッシュしたらちょっと道が開いたのですかさず通りすぎる
しばらく走ってるとセブンイレブンの看板が!
助 か っ た


店内に駆け込んで様子をうかがうも、追ってはこない様子
はあーーー、一安心
ゆっくり地図を確認して、出ようかと思ったそのとき気付いた



私今日午後からバイト入ってたよね?
もうあたりは薄暗いけど…


ってゆう夢
スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

hanako umemoto

Author:hanako umemoto
シンガーソングライター梅本華子が徒然なるままに綴るゆめうつつ

最新トラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。